容量が大きくても転送可能 | 外付けhddが認識されない時の対処法│專門業者へ電話相談

外付けhddが認識されない時の対処法│專門業者へ電話相談

男性

容量が大きくても転送可能

男性

相手の企業にファイルの容量が大きなメールを送る場合は送信に失敗する可能性があります。1MBのファイルを送るのはマナーに反する可能性があるので、このような時はファイル転送サービスを利用し大きなファイルを送りましょう。無料メールソフトなどから、直接容量が大きなファイルを送信することが可能です。直接と書きましたがメールにそのままその大容量のデータを乗せて送るのではなく、送るのはリンクだけです。送りたいファイルを先にオンラインストレージにファイル転送します。最終的にはファイル転送先のリンクのみをメールで送るというやり方になります。
ただしリンクだけでは何のリンクか分からないのでしっかりとリンク先の説明文を添えてメールを送るようにしましょう。ここで注意なのですがファイル転送する場合は、オンラインストレージに先にアップしておくことがメールを送るよりも先になるので、アップが完了するのをしっかりと確認してから相手にメールを送るようにしましょう。リンク先に何もないなんてことがあったら、相手の会社に失礼になってしまいますので気をつけておきましょう。現在は法人向けのサービスも展開しています。送信時にパスワードを設定することにより、そう簡単に情報が漏れることがありません。無料サービスで使われているものよりも、更に高いセキュリティーで会社にとって大事な情報を保護してくれます。アドレスを間違って送信してしまった場合にでも、パスワードを教えなければファイルを開くことができないので安心して使うことができます。